プログラムレポート

2016年7月30日 イベント体験「超工作」
   

ときわ湖水ホールにて小・中学生を対象とした工作イベント「超工作」が開催されました。
工作体験以外にも企業さんの無料体験ブースもあり、サポステの体験として、企業ブースのお手伝いをさせていただきました。
企業ブースでは、プログラミングロボットの操縦や、竹炭のオリジナルのお守り作り、お茶の試飲、金属製ギターの展示などがあり、お客様に親子で楽しんでいただきました。
企業さんと一緒にお客様の対応ということで、初めは緊張していた参加者も次第に緊張もほぐれ、お客様に声かけをしたり、子どもたちのサポートをしていました。
お客様だけでなく企業の担当の方とも色々なお話ができ勉強になったようです。
地元企業について知り、働く方の声を聞くことができ、良い機会をいただきました。

イベント体験3

イベント体験2

2016年5月13日 就職支援セミナー「面接トレーニング」
   

就職試験の中でも、採否を左右する、そして、皆さんが一番不安なものが面接です。
そのため、今回は基本的な「おじぎの仕方、入退室や椅子の座り方、言葉遣い」を模擬的に体験しました。
参加者から「緊張してスムーズな動作ができなかった、思っていることが喋れなかった等」の感想がありました。
よく質問される「志望動機や自己アピールなど」は自信を持って伝えられるように練習しておくことが大切です。

面トレ①
面トレ②

2016年4月28日 農業体験「里山救助隊」
   

前日の天気予報は雨でしたが、当日はピカーンと晴れ、
屋外で農作業を実施することができました!
過ごしやすいこの時期、外で体を動かすにはぴったりです。
今日の作業は、玉ねぎの苗の植え替えです。
肥料に土を混ぜ、割り箸を使って穴を掘り、そこへ苗を植えていきます。
実はこの肥料、昨年11月の農業体験で作ったものなんです!
米ぬかや糖蜜を混ぜ、しばらく寝かせて発酵させると栄養価の高い肥料ができるそうです。
糖蜜のあま~い良い匂いがします。
苗の植え替えもコツが必要で、元の土から苗がちぎれないように丁寧に抜いていきます。
作業を分担し、声をかけ合いながら協力して行いました。

農業体験

2016年1月16日 山陽小野田出張セミナー「自己分析」
   

山陽小野田市中央図書館にて、「自己分析」をテーマに出張セミナーを実施しました。
参加者全員で用紙を囲み、15分間何も話してはいけないというルールで絵を描きます。次に、話し合いながら絵を描きます。
一見、後者の方が良い絵になりそうですが、何も話し合わずに描いた絵もとても素敵なものになりました。
話ができない分、お互いにジェスチャーや表情で周りとコミュニケーションをとり、協力しながら描くことができたからです。
また、最初に描く人、上手に周りをサポートする人、全体をまとめる人など、自然とそれぞれが役割を果たし、その人の長所が見えてきます。
完成した絵はサポステに飾ってあるので、ぜひチェックしてくださいね♪

小野田セミナー
IMG_3655

2015年10月31日(土) ステップアップセミナー
   

就職後、職場での対応で戸惑うことはありませんか?
ステップアップセミナーではお仕事が決まった方を対象に「こんなときどうする!?」シリーズで対応の仕方を学びました。
職場で実際にあったことで、皆さんが悩みにされていることを話してもらい、真剣に意見交換をしました。
それぞれの話を聞いていくと、まわりの仲間が「自分も同じようなことがあった!」、「自分はその時こうした!」とアドバイスをいただくことができました。
次回、ステップアップセミナーは12月26日(土)に開催します。
どんどん参加して悩みを解決しましょう!

ステップアップ写真